珍しい壁の汚れをご紹介

###Site Name###

個人事業主が会社設立をして法人化する場合には概ね10程度のメリットがあるといわれています。
まず一つ目は会社設立をすることにより、自分の給料を会社の費用にすることができます。


個人事業主ですとすべての利益に税金がかかりますが、法人なら自分の給料は会社から出すことができます。

また法人により社会的信用が高まることもあります。

さらに退職金の支払いを行うことができます。

立ち上げから二年間資本金1000万未満なら消費税がかからないメリットもあります。会社設立で法人にしますと個人事業者ではフィックスされていた決算期を自由に設定することができます。


なにより株式を譲渡することにより会社を第三者に引き継ぐといったことも可能になります。社会保険に加入できるのも法人のメリットとなります。
細かなことでいえば出張手当などを出すことができます。

社宅制度を導入して法人名義で契約し社宅として経費処理することもできます。


法人として生命保険に加入することもできるのです。こうしたことからある程度の売上げとなった個人事業者は会社設立をして法人事業者となっていくことが多いわけです。
ただし、一つ大きなポイントとなるのは、売り上げと利益が出ていることがすべての前提になります。
一定期間は赤字会社でも認められる項目はありますが、儲からなければ利用できないことも沢山あることをあらかじめ知っておく必要はあると思います。

その上での法人会社設立なのです。



今、最も注目を集めるが気になる方に必見の情報です。

CDプレスに関してわかりやすく説明しております。

今、最も注目を集める企業評判に関する企業の一覧です。